NO MONDAY とは


 
「月曜日がやってくる」
週末の楽しい時が終わり、毎日の退屈な仕事に再び戻りますが
大きな変化のない日常を続けます。それは果たして生きていくのに必要なことなのでしょうか。


NOMondayは人々にそうじゃない人生だってあるんだということを、もう一度皆様に思い起こさせようとして作られました。

もちろん仕事をやめたり、勉強をやめたりできないだろう。

でも私たちにとって人生には選択肢があるんだ。と、これではない違う人生だってあるんだと。

選択肢はいつも私たちの周りには横たわっていて、それは大きいもの、小さいものだって選択可能なんです。

例えば通勤の電車に乗る、でもそこは満員だ。じゃあ自転車で行こう。転職しよう。

オプションはどこにだって存在する。

こんなぜいたくな悩みだってあるかもしれない、学校の先生になろうと学校に通った、先生にもなった
でも結婚した。専業主婦になった。でも夫が浮気をした。だから先生に戻った。離婚した。

こんな分岐点があるのだということを幸せな人生の中、あるいは追い詰められた人生の中では思い起こすことができないかもしれません。そんな時、私たちの腕時計とともに、人生を過ごしてくれさえすればそんなことを思い起こすきっかけになるかもしれない。

NO Mondayの時計の背後にあるデザイン哲学は、常に「シンプル」で「調和のとれた」ものであるということです。

各コレクションは幾何学と色の調和、それとは対照的に洗練さやシンプルさ重視して作られています。

時計には日本のクォーツムーブメントと、すべてのステンレススチールケースに本革のストラップがついています。